シャープ加湿空気清浄機KC-30T6とKC-H50-Wの違い

加湿空気清浄機は、インフルエンザや花粉対策に欠かせないですよね。

シャープ加湿空気清浄機は楽天でも大人気ですが、その中でもランキング上位に入っている、KC-30T6とKC-H50-Wは何が違うのでしょうか?

 

2つの違いを比較してみましたので、どちらがいいか迷っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

▼KC-30T6▼

▼KC-H50-W▼

シャープ加湿空気清浄機KC-30T6とKC-H50-Wの違いを徹底比較

KC-30T6とKC-H50-Wは何が違うのか、価格や適用面積など、気になるあれこれを調べてみました。

KC-30T6とKC-H50-Wの価格を比較

2019年2月24日現在の価格を調べてみると、

 

KC-30T613,824円

KC-H50-W:16,480円

 

となっていて、KC-30T6のほうが2,655円安いですね。

 

KC-30T6はトーカ堂オリジナル商品なので、購入できるのはトーカ堂だけです。

KC-H50-Wは、楽天の最安値ショップを調べました。

KC-30T6とKC-H50-Wの本体サイズと重さを比較

<KC-30T6>

サイズ(mm):幅380×奥行197×高さ570

重さ(kg):6.8

 

<KC-H50-W> 

サイズ(mm):幅399×奥行230×高さ615

重さ(kg):7.7

 

KC-30T6とKC-H50-Wの適用床面積を比較

<KC-30T6>

空気清浄適用床面積:~14畳

加湿空気清浄適用床面積:プレハブ洋室~10畳・木造和室~6畳

プラズマクラスターイオン適用床面積:約11畳

 

<KC-H50-W>

空気清浄適用床面積:~23畳

加湿空気清浄適用床面積:プレハブ洋室~14畳・木造和室~8.5畳

プラズマクラスターイオン適用床面積:約13畳

 

KC-H50-Wのほうが適用面積が広い分、本体サイズが大きめで、重いという事が分かりました。

KC-30T6とKC-H50-Wの電気代を比較

加湿空気清浄で、強運転の場合を比較してみました。

 

<KC-30T6>

1時間当たり 0.7円

1日 16.8円

1ヶ月 504円

 

<KC-H50-W>

1時間 0.54円

1日 12.96円

1ヶ月 388.8円

 

電気代はKC-H50-Wの方が安いですが、KC-30T6もかなり安いですよね!

強運転の場合の金額なので、弱ならさらに安くなるなんて驚きです。

KC-30T6とKC-H50-Wの脱臭フィルターを比較

活性炭に吸着材を加えている点は同じなんですが、フィルターの種類が違います。

<KC-30T6>

フィルター型式:FZ-H30DF

交換目安:2年に1回

価格:2,808円

 

<KC-H50-W>

フィルター型式: FZ-F50DF

交換目安:10年に1回

価格:4,320円

 

KC-30T6のフィルターの方が安いですが、交換時期が早めになっている事が分かりました。

KC-30T6とKC-H50-Wその他の違いは?

トーカ堂オリジナルモデルのKC-30T6は、価格が安い分ちょっとデメリットがあるんですよね。

そのポイントをまとめました。

 

<KC-30T6>

  • チャイルドロックがついていない
  • 給水がタンク式ではなくトレー式(1.8L)
  • 空気清浄と加湿空気清浄が一体になっていて、切り替えのボタンはない

 

チャイルドロックがついていないのは、小さいお子さんがいらっしゃる家庭ではデメリットですよね。

 

給水がタンクではなくトレー式になっていますが、トレーは取り外せますので、トレーを外して蛇口から注ぐこともできますし、外さずにやかん等で給水もできます。

 

ただ、タンク容量が小さいので、マメな給水が面倒に感じるかもしれません。

 

空気清浄と加湿空気清浄の切り替えボタンはないですが、水を入れなくても使えますので、加湿しない時は水を入れずに使いましょう。

 

KC-H50-Wは、

  • 空気清浄と加湿空気清浄の切り替えが可能
  • チャイルドロックつき
  • 給水タンク2.5L

なので、KC-30T6のデメリットをしっかりカバーできています。

シャープ加湿空気清浄機KC-30T6とKC-H50-W共通点は?

ここまでKC-30T6とKC-H50-Wの違いを見てきましたが、逆にどんな共通点があるのかをまとめました。

プラズマクラスター7000

プラズマクラスター7000には、

●浮遊カビ菌を除去

●浮遊ウイルスの作用を抑える

●浮遊菌の作用を抑える

●浮遊アレル物質の作用を抑える

●静電気を抑える

●タバコの付着臭を分解除去

●衣類の汗臭・生乾き臭いを消臭

これだけの効果があります。

 

PM2.5に含まれる化学物質の除去にも効果があるので、お部屋の空気をきれいに保ってくれますよ。

花粉が気になる季節は外に洗濯ものを干したくない!という方も多いので、衣類の消臭ができるのは嬉しいですよね。

静電HEPAフィルター

HEPAフィルターというのは、0.3μmの粒子を99.97%以上集じんするフィルターの事です。

花粉やPM2.5などの微小な汚れもしっかりキャッチしてくれます。

 

さらに静電気を帯びているのでフィルターの目詰まりがしにくく、約10年間交換不要なのもメリットですね。

 

比較してみると、どちらもプラズマクラスター7000搭載で、静電HEPAフィルターなので、空気清浄機能は同じという事が分かりました。

まとめ

いかがでしたか?

空気清浄機能は同じですが、対応畳数以外でも様々な違いがあることが分かりました。

 

正直、価格が2,655円しか違わないのなら、私ならKC-H50-Wのほうがいいなと思いました。

 

価格は変更になる可能性もあるので、現在の価格は販売ページで確認してみて下さいね^^

 

▼トーカ堂オリジナルKC-30T6▼

▼KC-H50-W▼